FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きみとあさまで 4下

 境界線上のホライゾン アニメBD特典小説【きみとあさまで】の最終巻ですよ。

 刊行数が増えていくほどにページ数も増えていくという、川上法則を如何なく発揮した結果、とうとう出来上がってしまった500ページの特典小説。「最早特典小説じゃない」なんて言葉を言う気も失せるそのボリューム感は、BDのほうがオマケなんじゃないかと錯覚する。
 そんな今作の内容は、ついに春季学園祭開始ということで、梅組ではコスプレ喫茶をやりトーリがいつも通りに女装していたり、怪異払いの訓練にて点蔵が貧乳に吹っ飛ばされたり、鈴木・孫一と渡辺・盛綱がドンパチしたり。
 そして雅楽際本番。様々なバンドが楽曲を披露していき、優遇されている感のあるナイト、ナルゼの双嬢装備初披露。そして三年生の鳥居・元忠らが先駆けて怪異払いを行い、伏見城を戦場にした大規模な戦闘の開始。
 その後、浅間はアイスを食べてめでたしめでたし。といった内容。

 今回はページ数も増えたおかげか、【きみとあさまで】では極端に影の薄かった男性人の光が当たっている。
 それでもやはり出番が多いのは、本編でも出番が多い点蔵なのだが。点蔵はシリアスでもギャグでも動けるキャラだなぁ・・ それにくらべて本編でも出番の少ないウルキアガは、えーっと・・一度も出てきていないような・・
 
 扉絵で射撃してる浅間がやたらと楽しそうなのが一番笑えたり、これを読んでいると、正純がここから更に一年間燻っていたことに疑問を覚えないでもなかったり。
 怪異払いが終わってもケルベロスが消滅せず、ネイトの走狗として登録され現在は休眠中ということで、鈴木・孫一も含めて本編での再登場、その他ここから繋がる本編中の出来事に期待ということで。大久保・忠世は武蔵にいるみたいだし本当に出てくるかもしれない。
 大久保・忠世といえば、結局最後まで三年連中の挿絵がなかったのが残念。ちょっと期待してたんだけどなぁ。

 そんなわけで、【きみとあさまで】も終わりを向かえ、境ホラBDマラソンも終了。財布に平和が訪れた・・と、言いたいところだが、まだ境ホラのゲームが残ってるわけでして・・
 作中の時期的にも本編に繋がるまでに一年近くの期間があるわけで、今回のような大規模な戦闘はないにしても、色々な出来事がある模様。作者は機会さえあればそれ等も書き上げるつもりらしいが、はてさて・・
 本編に繋がるまでのアレコレも読んでみたいところだが、現状での情報公開度と【きみとあさまで】の内容を組んて書き直した境ホラ一巻、というのも読んでみたい。
 境界線上のホライゾンⅠ完全版。その内刊行されないだろうか。





境界線上のホライゾンII [Horizon on the Middle of Nowhere] VII (初回限定版) (最終巻) [Blu-ray]境界線上のホライゾンII [Horizon on the Middle of Nowhere] VII (初回限定版) (最終巻) [Blu-ray]
(2013/03/22)
福山潤、茅原実里 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。