FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コギトピノキオの遠隔思考 ソウルドロップ孤影録 (ノン・ノベル 1003)

 上遠野浩平のソウルドロップシリーズから、【コギトピノキオの遠隔思考】

 今作は主人公の二人が初めてペイパーカット事件に遭遇した直後の、つまり本編から見て過去のお話ということで、ペイパーカット事件を目撃して精神的・肉体的な異常を来たした人間の研究のために、とある島に集められた主人公その他が、そこで連続殺人事件に巻き込まれるというお話。
 殺人事件に巻き込まれるといってもこのシリーズは推理小説ではないわけで、そういう視点からみるとツッコミ所なんて山ほどあるわけだが、そもそもこのシリーズを手に取る人は推理小説を求めてるわけではなないだろうし、何も問題ない。
 しかしなんだ。過去の物語だろうとなんだろうと、この人の作品は数が増えるのに従って世界観やら設定やらも広がっている気がするのだが、作者はこの広げまくった風呂敷を畳む気があるのだろうか? 【ヴァルプルギスの後悔】に決着がついたのは奇跡といっても良いくらいだ。あれはあれで、上遠野浩平作品全体から見れば引っ掻き回しただけのような気もするが・・
 そんなこんなですが、この人の作品クオリティは安定しきっているのでこれからも読み続けるでしょう。そろそろブギーポップ新刊がほしいところ。




コギトピノキオの遠隔思考 ソウルドロップ孤影録 (ノン・ノベル 1003)コギトピノキオの遠隔思考 ソウルドロップ孤影録 (ノン・ノベル 1003)
(2012/11/30)
上遠野 浩平

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。