FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『広間の語り部』

1_20120827174549.jpg
 傷有りが【重双血塗れメアリ】であることが明かされたところから再開される境ホラ7話。
 病に伏していたキャサリン王妃は子を生むことが出来ぬまま亡くなり、アン王妃が生んだ双子の、力の弱い姉がメアリを襲名。
 エリザベスはメアリに、『メアリは処刑前に英国を転々としていた』という歴史再現の許可として自由な時間を与えた。


2_20120827174547.jpg
 メアリは、処刑が死を呼ぶものでないかという点蔵の問いに対して「メアリは救われる」と答えるが、メアリの処刑が行われる王賜剣二型が収められた場所は、三河でホライゾンの処刑に用いられた刑場と同等のものに改造されており、メアリの望む『救い』とは英国の地脈と一体化し守護の力となることであった。


3_20120827174546.jpg
 死に向かうメアリを止めようとする点蔵だが、メアリの影に潜んでいたウォルターの重力刀を用いた切腹分身で迎撃される。


4_20120827174545.jpg
 そんな点蔵はほっといて、服をきた全裸はネイトの見舞い。人狼種族であるネイトは犬や狼と同様に爪の中にも神経が通っているので、マニキュアで爪を保護。
 後ろではホライゾンがどこからともなく林檎とナイフを出しているのがみえる。

5_20120827174544.jpg
 ワカメ(股間用)

6_20120827174543.jpg
 トーリが正純のドレスを着ていたのは、ホライゾン、トーリ、正純の三人の服を用意した喜美が、「正純のは右、ホライゾンは中央、トーリは左の箱」と、どちらから見て左右なのかを説明しなかったため。あと芸人だから。



7_20120827174520.jpg8_20120827174519.jpg
 そんなわけで会議。
 会議内容は、武蔵側の『出港するよ!』と、英国の『出港させないよ!』といい対論を、『等価の相殺』ではなく『等価の交換』でお互いの納得を得る、というもの。

 武蔵は『大罪武装を回収し末世を解決する』という目的を掲げているが、これは大罪武装によってバランスが取られている所有各国の混乱をもたらすものであり、対西戦を控えた英国の大罪武装が回収されれば、英国は三征西班牙に対して不利になる。
 更に、歴史再現によって行われるヴェストファーレン会議で各国が大罪武装を持ってくるようにすれば、各国のパワーバランスを崩すこともなく、武蔵が疲弊する必要もない。
 というのが英国の主張。
 しかし、大罪武装は極東の主権の一要素、君主であるホライゾンの感情を用いているため、それらは極東の主権としてホライゾンが保持するべきものである。
 というのが武蔵の主張。

 そして、正純は暫定支配を解除することを辞さないと言い、教導院間会議という公の場での全世界に対する宣戦布告をする。もし暫定支配が解除されれば各国は極東の土地に居られなくなり、劣悪な環境である未開大陸の開発に向かわなくてはいけないが、世界はまだ極東外の過酷環境を開拓していく国力を身につけていない。
 正純は大罪武装を全て回収するまで開戦権を封印すると宣言。これにより武蔵は『大罪武装という極東主権の一部を返却しないことは主権の侵害であり、戦争行為である』という解釈で大罪武装保有国と交戦中であるという名目を得、各国は敵国以外にも武蔵という敵に対して構えなくてはならなくなる。
 正純は、もし大罪武装を返却したなら、その国の戦力低下を武蔵自ら補い、補填することとで歴史再現の遅延を止める。その同盟の第一の相手として英国と同盟を結びたい、もし英国が断れば同様の交渉を各国と行っていくと言う。


9_20120827174518.jpg
 月光蝶である!
 妖精と人間の間に生まれ、強力な精霊術を操る妖精女王エリザベスの持つ内燃排気の具現。この光翼を納めるために、玉座の後ろはやたらと広いらしい。

 エリザベエスは、中立国として暴挙を行おうとする武蔵を撃沈する用意はできていると言う。
 しかし英国は国力の温存のため自ら武蔵を攻撃するつもりはなく、その事実を武蔵側が告げることで、『武蔵撃沈の賞賛を他国に譲りたい』という大義名分、更にソレを武蔵側が告げたことで『英国の謙譲の心の試しとして受け取った』と言い訳することができるようになった、。

 英国が武蔵と同盟することで他国から受ける政治や貿易の干渉に対し、武蔵は何を提供するのか、というエリザベスの問いに、正純は英国を武蔵の貿易拠点にすると言う。
 これが実現すれば、武蔵が一年周期で極東を周回していたルールが崩れ、英国は武蔵が動く度にその貿易によって富を得ることが出来、各国を行き来する武蔵が故に全国の富が英国に集まることになる。
 
10_20120827174517.jpg
 「同盟してしまえ」とテンション高めのイノケン。
 英国と極東の同盟がなされれば、それにあやかろうと他の国も武蔵との同盟を結ぼうとするが、同盟国が多くなれば武蔵の航路は煩雑になり富も分散、結果的に現状と変わらなくなる。
 そして、武蔵との同盟によって得た恩恵で各国が航空船技術を発展させれば、各国は貿易のために武蔵を頼る必要がなくなる。そうなれば最早同盟している理由もなくなり、その時は敵に回る。その為の力を蓄えるのをためらう理由はなく、そういった理由でこのおっさんはテンションが高い。


 正純が再び手を差し伸べ、そこへ三征西班牙が乱入。
 まっちゃんと男が映し出されたところで次回へ続く。
11_20120827174516.jpg
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。