スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華氏451度 (ハヤカワ文庫SF)

 レイ・ブラッドベリ作、摂氏233・・じゃなくて【華氏451度】です。紙が自然発火する温度だそうで。




 管理社会SF・・というほどSFしてるわけでもないが、詩や小説等といった本を禁じ、それらを見つけて燃やす焚書官を生業としている男の話。三部構成で、『主人公書物に興味をもつ』→『おっさん達のテロ計画』→『計画失敗そして逃走』という内容で進行していく。
 本を燃やすことに生き甲斐を感じていた主人公がボーイミーツガールして心境が変化していく様や、物凄く微妙なバランスで成立していそうな世界観が面白く、そういった面から一部では中々興味をそそられる内容なのだが、二部からは主人公が暴走を始め、三部では唐突に説教臭くなるという内容の変化っぷりに若干辟易する。早い段階で収拾のつけようのない内容だとは感じていたが・・
 そしてこの手の翻訳本で必ずと言っていいほどに出てくる誤訳関連の話。今作で特別酷かったのは「juke box」→「冗談ボックス」だろう。冗談ボックスって何ですか一体。お金いれて冗談言う箱なんてどこの誰に需要があるというのか。






華氏451度 (ハヤカワ文庫SF)華氏451度 (ハヤカワ文庫SF)
(2008/11)
レイ ブラッドベリ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)

 猫弁です。猫なので買いました。



 とある裁判で活躍しすぎたためにペット関連専門のような扱いを受けることになった冴えない弁護士(独身)が、結婚相談所に通いつめて見合いに玉砕しつつ事務所で飼っている猫の世話をしながら霊柩車盗難事件に挑む。そんな内容です。
 探偵ではなく弁護士なので推理小説ではありません。登場人物それぞれを主体で書いた、一見無関係にも見える物語が少しずつ繋がっているのが面白い感じで。黒幕っぽい雰囲気を醸し出していた社長秘書がラストで一言も触れられなかったは少し残念。あの裏で操ってますよ感は一体なんだったのか。
 ドラマ原作大賞という実写ドラマ化を前提とした小説作品らしく、つまり実写ドラマが存在します。ライトノベル含めた様々な小説と違い、こういう前提で作られた作品は映像化による内容の劣化をしないので、そちらのも気になるところです。




猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)
(2012/03/15)
大山 淳子

商品詳細を見る

ガニメデの優しい巨人 (創元SF文庫)

 ホーガン作【ガニメデの優しい巨人】。以前読んだ【星を継ぐもの】の続編です。



 
 前作ラストにて、「地球人はルナリアンの生き残りだったんだよ!」「なんだってー!?」という事実が発覚。それはさておき木星の衛星ガニメデで見つけた宇宙船の調査に明け暮れる主人公達の下に、今度はその宇宙人さんがやってきてしまいます。とある事故で2500万年の時間をたった20年で駆け抜け、その間に母星は消滅しちゃってるわ見たこともない知的生物がいるわで、驚きと悲しみを同時に味わっている宇宙人さんと頑張って意思疎通して仲良くなって宇宙船やその他諸々の研究をやっている間に地球では異星人との初交流に大騒ぎ。そんなお話でした。
 前作で解明しきれなかったり追加された謎を解明していくといった感じでして。内容の方向性自体は同じなのだけど、宇宙人さんの登場によってサイエンスなフィクションの極致だったのがサイエンスでファンタジーな方向に大きく傾いた印象。
 続編ということでどうしても比較評価してしまうものですが、やはり前作ほど物語に引き込まれる感じはしないなー、と。しかし面白くないというわけではなく、前作とは少し違った味を楽しめる。そんな作品ではないでしょうか。うすしおとコンソメみたいなものです。
 そんなわけで、見知らぬ星へと移住したかもしれない一族を探すために、宇宙人さんが地球を離れて旅立つーといったところで終了した本作。続編である【巨人のたちの星】はSFのFが完全にファンタジーになるような気がしますが、彼らの行き着く先が気になるのでそのうち買いましょう。そして読みましょう。





ガニメデの優しい巨人 (創元SF文庫)ガニメデの優しい巨人 (創元SF文庫)
(1981/07/31)
ジェイムズ・P・ホーガン

商品詳細を見る

大暗室 (江戸川乱歩文庫)

 江戸川乱歩作【大暗室】。



 外国旅行の帰りに船が嵐にあって難破、救命ボートで遭難中の三人組のうち二人を殺して生き残った一人が殺された一人の息子と戦うお話。勧善懲悪というやつですね。
 勧善懲悪なお話ですが、『正義の味方が悪に立ち向かっていく』とうのではなく、『悪側がアレコレやってたら正義の味方がきた』という悪側視点がメインになっており、懲悪ならずで正義がうぐぐして悪がヒャッハーしているのを楽しむ本・・でいいのかな。後半になって明智小五郎が出てきて(この作品で出てくるのは場違いじゃね?)なんて思っていたら「明智小五郎だと思った? 残念、竜二ちゃんでした!」なんて展開をやってるのが良い感じで。
 ところでこの悪の首領な竜二ちゃん。帝都東京と数々の犯罪アレコレで帝都東京を恐怖のズンドコに叩き込み、東京中から攫ってきた美女たちを地下の洞窟に閉じ込めて何をしているのかと思えば、羽つけて天女にしたり、人魚だとかラミアだとかコスプレさせてたりと、オタク趣味全開のご様子。もし彼が現代日本に生まれていたら悪の組織の首領なんてやらずに、ずっと自宅でパソコンの前に座っていたことでしょう。





大暗室 (江戸川乱歩文庫)大暗室 (江戸川乱歩文庫)
(1987/12)
江戸川 乱歩

商品詳細を見る

99%の誘拐 (講談社文庫)

 岡島二人作、【99%の誘拐】



 とある会社の社長の息子が誘拐され、社長と二人の部下が誘拐犯の支持に振り回されながら身代金5000万円分の金塊を運び届ける。という事件から12年後、かつて誘拐された主人公が今度は誘拐犯になり、対象に手を触れるどころか対面することもなく誘拐を成立させ、音声応答システムも用いて自身を運び人に仕立てての犯罪を成功させる、という中々ぶっ飛んだ内容。
 終始計画通りに進んでいく内容だからストーリーとしての起伏は控えめ。その代わり常に進行し続ける展開は犯罪を扱ったサスペンスというよりは、アクション物の系列。読みやすさも相まって、楽しい作品だと思います。

 ところで、この作品内で扱われているトリックがトンデモなのもあり、「物理的(あるいは技術的その他諸々)にありえない」等との批判も多々あったということをあとがき解説に書いてあるが、そういうことを言っちゃう方々はフィクション作品全般に対して触れようとせずに、自ら距離を置いたほうが良いと思います。
 



99%の誘拐 (講談社文庫)99%の誘拐 (講談社文庫)
(2004/06/15)
岡嶋 二人

商品詳細を見る

次のページへ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。